木製カウンターで賃貸の水回りは美しく見える

木製カウンターで賃貸の水回りは美しく見える

関西で賃貸住宅を借りる時は初期費用に注意

関西で賃貸住宅を借りる時は、敷金ではなく保証金という名目でお金を預けることになります。もしもの時のための保証の意味合いで家主に預けておくお金ですから、実質他の地域の敷金と同じ役割を持っているわけですが、保証金と名を変える事で相場が大きく変わります。敷金はほとんどが家賃の1ヶ月〜3か月分であるのに対し、保証金は6ヶ月〜10か月分とかなりの額になります。そしてそのうちの6割〜8割が部屋の使い方に関係なく戻ってきません。もしも部屋に損傷すべき箇所があれば、それに上乗せして差し引かれます。

つまり関西では礼金のない賃貸が多いものの、実質退去時に差し引かれているこのお金が礼金の代わりになっています。しかも関東では礼金は1〜2ヶ月分が普通なのに対し、関西では差し引かれるお金は家賃の4か月分〜7か月分にもなります。私が実際に経験したことですから間違いありません。家賃8万円の物件で退去時に50万円引かれました。このように関西で賃貸を借りる時は、他の地域で借りる時と勝手が違います。その代わり更新料が不要など、一長一短がありますので、トータルコストはどれだけ長く住むかによっても変わってきます。ただ関西では初期費用がかなりかかるということを覚えておいたほうが良いです。

関連サイト

Copyright (C)2018木製カウンターで賃貸の水回りは美しく見える.All rights reserved.